倶生山なごみ庵記念散華

神奈川県横浜市の浄土真宗のお寺、慈陽院なごみ庵が宗教法人として認可された記念の散華をご依頼いただきました。

散華(さんげ)とは慶事や法要の際に用いられる蓮弁型の紙で、遠い昔は実際の花びらを使っていたそうです。
現在ではお寺によりさまざまな趣向をこらした散華があるそうです。

今回は企画からお任せいただき、台紙や散華の形など打ち合わせを重ねて封入作業まで弊社でおこなっています。

PAGE TOP