日本美術 “賞道” イベント運営

中央区、むすべや日本橋まどかで考証・復元された日本美術を楽しむ “賞道(しょうどう)”のイベントを主催しました。
おかげさまで満員御礼の大盛況となりました。

“賞道”とは新しい日本美術鑑賞活動で、美術館・博物館での展示ではわかりにくいデザインの意図を実際に新作状態に作られた復元品を体験してみることで新鮮な鑑賞の知見が得られるというものです。

今回は一棟丸ごとお借りすることができたため、「年中行事絵巻」「地獄草紙」「平治物語絵巻」といった目的の異なる絵巻物をほぼ暗闇の中で体験する趣向でお届けしました。これら絵巻が生まれた時代の暗さの中で鑑賞してみると、更に絵巻物が真に迫るような感覚を覚えます。

また、6月の終わりの開催であったため、夏越の祓を意識し「清め」をコンセプトに宴席をしつらえました。
今後も弊社では美術やイベントに関する取り組みは継続しておこなってまいります。

清めの宴席ということでMAKIROBIさんによるマクロビオティック料理
6月末に食べられる水無月をはじめ、涼しげな菓子類も

関連記事一覧

PAGE TOP