プロジェクト「賞道」

「賞道」とは

日本美術研究家であり、デジタル復元師の小林泰三先生(有限会社小林美術科学)が手がける新美術鑑賞活動が「賞道(しょうどう、show-do)」(※)です。

日本における実技以外の美術教育はその多くが「〇年に〇〇によって作られた」と知識主体で進められてきました。しかしながら日本美術はそのほとんどが生活用品です。
屏風は広い空間を仕切るパーテーション、掛け軸はそれひとつで部屋の印象をがらりと変えてくれます。日本人は古来よりシンプルな空間をこうした道具を差し色として使うことで季節感や個性を演出してきました。また、絵巻物はスクロールするという手による操作で初めて完成します。

こうした背景もあり、日本美術を作品と知識を結びつけるだけでは美術品たちの価値を伝えるには不十分です。保存などの観点から均一な照明のもと生活空間と切り離され、平面的な展示をせざるを得ない美術館・博物館では、どのような生活シーンで使われるもので、なぜそのようなデザインになるのかはどうしても伝わりにくい状態です。

こうした従来の日本美術の鑑賞体験に疑問をもった小林泰三先生は、2004年から本格的に新美術鑑賞運動「賞道(しょうどう)」を提唱、自身で考証、制作当時に復元した美術品を実際に参加者に使ってもらい、日本美術鑑賞を体験中心に紹介する取り組みを全国でおこなっています。

既に年月を経た作品をそのままの状態で復元し、展示する事例は多くありますが、制作当時の状態へと復元し、実際に参加者に使用してもらう体験の提供を継続的におこなってきたのは小林泰三先生ならではの革命的な取り組みです。

※「賞道(しょうどう、show-do)」は有限会社小林美術科学の登録商標です。

絵巻や掛け軸を実際にスクロールしたり、襖や屏風を開け閉めすることでデザインの意図が更に体感的に腑に落ちます
灯火が乏しかった時代の暗闇を再現してみると、作品の新しい顔や作者が狙っていたであろう効果が見えてきます
参加者同士は作品の感想を思い思いに述べほめあう(=賞する)ことによる多様な新しい知的なまなざしの発見があります

「賞道」の体験が更に充実する工夫も

イベントでは復元美術品以外に作品にまつわるさまざまな体験もあわせて提供しています。
会や作品のコンセプトにより音楽、軽食、呈茶、装花、着装体験や特別講師など、作品世界への理解が深まるような体験や、参加者同士の交流が進むような工夫もおこなっています。

また、海外のかたもお楽しみいただけるよう、現在は簡易版ではありますが配布資料を英語化したものをご用意しています。
言葉に頼りきることなく、五感のすべてで作品の置かれた生活世界を楽しみ、共に喜び、作品をほめあう体験は日本でのエンタテイメントに慣れた海外のかたにもおススメです。

次回「賞道」開催

弊社では小林泰三先生と定期的に「賞道」のイベントを開催しています。
次回は2018年11月11日(日)11:00より豊島区立目白庭園で高松塚古墳とキトラ古墳を取り上げます。

参加申し込み

参加ご希望のかたは下記のボタンからどうぞ。
そのほか、お問い合わせは03-5542-0231(担当:こいぬまる)までお気軽にご連絡ください。

参加申し込み

小林泰三先生プロフィール

賞道主宰 デジタル復元師 日本美術研究家 小林美術科学代表

東京都杉並区生まれ。
大学時代に学芸員の資格を取得、その後も企業で復元事業に関わる。2004年から本格的に体感を中心とする新美術運動「賞道」を提唱、小学校美術教育から社会人講座まで幅広く活動中。その軽妙な解説には全国にファンも多い。
NHK「日曜美術館」「歴史秘話ヒストリア」、BS-TBS「にっぽん!歴史鑑定」など、メディアにも多数出演。
著書に「日本の国宝、最初はこんな色だった」「誤解だらけの日本美術」(光文社新書)などがある。

PAGE TOP